ハーバルラビットはシミに使える?

デリケートゾーンの黒ずみ用クリーム「ハーバルラビット」はシミにも使えるのでしょうか。特に顔にシミができてしまうと老けた印象になり、どうにかしたいと悩んでいる方も多いと思います。そこで、シミの原因とハーバルラビットの成分から解説します。


シミの原因は?

なぜ、顔などにシミはできてしまうのでしょうか。シミをケアをするうえで大切なのは原因を知って正しい対策をすることです。シミの原因に主に3つあります。

 

紫外線

紫外線によってできるシミを日光性黒子、老人性色素班などを呼ばれています。

 

紫外線には、A波(UVA)とB波(UVB)があり、シミの原因になるの主にUVBです。UVBには強いエネルギーがあり、肌を赤くして日焼け(サンバーン)を起こすなど肌のダメージを与えます。

 

肌がダメージを受けると、シミの原因であるメラニンを生成するメラノサイトが刺激されます。すると、メラニン色素が作られシミを引き起こします。

 

通常、皮膚の新陳代謝によってメラニンは排出されますが、ターンオーバーの乱れなどにより色素沈着してしまいます。

 

乾燥

肌が乾燥すると新陳代謝が低下して、古い角質が排出されにくくなります。古い角質は柔軟性を失い、肌の水分が蒸発しやすくなるので、さらに乾燥が進行してしまいます。

 

乾燥が進むと肌のターンオーバーが乱れ、通常では排出されるメラニン色素が肌に残りやすくなってシミの原因になります。

 

ニキビなどの炎症

ニキビやケガなど炎症を起こすと、炎症性色素沈着と言ってシミの原因になります。

 

炎症が起きるとダメージを修復しようと細胞の働きが活性化されます。その際、メラニンを作るメラノサイトも刺激されてしまい、シミができやすくなります。

ハーバルラビットでシミ対策できる?

それでは、ハーバルラビットでシミ対策は可能なのでしょうか。ハーバルラビットの成分を見てみると、メラニンの生成を抑える美白成分をはじめ、保湿成分や抗炎症成分も含まれています。

 

つまり、シミにも効果が期待できます。

 

美白成分

プラセンタ、ビタミンC誘導体などメラニンの生成を抑えて、シミ、そばかすを防いでくれます。また、これらの成分はターンオーバーを促進して、メラニンの排出をサポートします。

 

保湿成分

ヒアルロン酸、セラミド、コラーゲンなどを配合しており、乾燥によるシミを防ぐことができます。

 

抗炎症成分

グリチルリチン酸2Kという、炎症を抑える成分が含まれているので、ニキビなど肌荒れを抑えることができます。

 

顔に塗っても安全?

石油系界面活性剤、シリコン、着色料、アルコールなどの添加物は無添加になっているので、敏感肌の方でも使えるようになっています。そのため、顔に使ってもOKです。

 

日焼け止めと併用は可能?

ハーバルラビットは日焼け止めと併用することも可能です。顔に塗る順番は以下になります。

 

化粧水

ハーバルラビット

乳液・クリーム

日焼け止め

化粧下地

ファンデーション

 

日焼け止めは外部からの紫外線を防ぐものなので、ハーバルラビットより後に塗るようにしましょう。また、ハーバルラビットより先に乳液やクリームなどの油分を塗ってしまうと浸透の妨げになる場合があるので注意が必要です。

まとめ

ハーバルラビットはシミにも効果が期待できることが分かりました。顔のシミなど全身に使うことが可能なので、気になる部分に使ってみてはいかがでしょうか。

 

最大40%OFF!返金保証付き

ハーバルラビットの公式サイトはこちら

 

 

 

>> ハーバルラビットの市販はココ! TOPへ